So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム ブログトップ

ゲームボーイ スマホで復活? [ゲーム]

先週、ゲームボーイの話題が一気に広がった原因は、

任天堂が米国特許庁(USPTO)に、

ゲームボーイのエミュレーターの特許を出したことが話題になったからでした。

ゲームボーイ スマホで復活.JPG

そんなもの、草の根でいくらでも出回っているじゃないか、と思われるかもしれませんし、

記事によると2000年から出願していたものでした。2000年はスマホもタブレットもなく、

想定されるデバイスはPDAだったようです。


公式になることで、任天堂がビジネスとして、

マルチプラットホームに取り組むことができるようになるわけですから、全く異なる意味合いを持っていると考えられます。

ゲーム専用機と比較しても、現在みんなが持っているスマートフォンやタブレットは非常に高い性能を獲得しています。3Dなんてぐりぐり動くし。でも、ゲームボーイ画質のゲームが、手元のiPhone 6 Plusで動いても、ノスタルジー成分がなくても。多分満足しちゃうと思います。

既存タイトルを最新のゲーム機でプレーできるようにする仕組みは、すでに「バーチャルコンソール」として実現しています。これを、よりオープンにスマホやタブレットに拡げよう、という取り組みには、非常に大きな期待が持てます。

専用機とオープンのハイブリッドを目指せ
もちろん、任天堂としてAndroidベースのデバイスを出してもいいのですが、Amazon Kindle方式でiOSデバイス向けのゲームボーイアプリを出して欲しいな、と思います。あるいは、Appleは任天堂と組んで、「エミュ+コンテンツ」方式のアプリを一挙にリリースして、特別に紹介するコーナーをApp Storeに作れば、任天堂のAndroidデバイスを阻止できるかもしれません。

個人的には、米国市場での任天堂のこれまでのゲーム機の強さ、家庭への浸透度合いは依然として強く、日本ほどではありませんがまだ50%をキープしています。加えて、子どももある程度安心して楽しめるタイトルが揃っているところを見ると、Appleとの親和性も高いんじゃないか、という直感を持っていました。

小声ですが、Wii Uをやめて、次世代のApple TVとiPhone・iPadで任天堂のタイトルが動くようにしちゃえばいいのに、とすら思います。もちろん、Appleからは一般の開発者以上に、がっつりと利益分配をしてもらって、です。それぐらい、任天堂のゲームタイトルの強さと親和性の高さは、評価すべきだと考えています。

それにしても、1989年からのゲームボーイの歴史を見ると、

初代ゲームボーイ、ゲームボーイポケット(軽量化)
ゲームボーイライト(バックライト搭載)
ゲームボーイカラー(液晶のカラー化)
ゲームボーイアドバンス(2.5Dの表現力)
ゲームボーイアドバンスSP(折りたたみ型でリチウムイオン電池搭載)
ゲームボーイミクロ(小型化、下位互換をカット)
といった具合なのですが、なんだかiPodや携帯電話の進化の過程に似てますね。

言い方を変えれば、任天堂はゲーム機を通じて、現在のモバイル化の進化を先行して経験していたことになります。

既存のゲームをオープンにすることと、任天堂自身が次世代ゲーム機を作り続けることは、両立すべきだと考えます。既存タイトルで魅力を伝えつつ、驚くような、あるいは目から鱗のゲーム体験を、任天堂のゲーム機で広めていく。そんな体制にしてはどうでしょうか。

モバイルの原体験としてのゲームボーイ
今も昔もゲーム下手・ゲーム不器用な私ですが、ファミコンより早く生まれているし、スーパーマリオはリアルタイムでやっていたし、カセットをフーフーしてたし、興奮してコントローラーをグッと引っ張ってバグらせた弟を怒ってたりしてました。

そんな僕らにとって、ゲームボーイが、「モバイル」の原体験だったわけです。ゲームボーイはとにかく「自由」でした。

家のファミコンのように、テレビと電源と、アンテナケーブルの「接触」を気にする必要がない一体型です。しかも電池を使うため、テレビや電源コンセントの近くにいなければならないという場所の制限もありません。

そして、プレーするには1人1台。これもファミコンとの大きな違いでした。ゲームがよりパーソナルなものになり、集まったときは通信ケーブルで遊ぶ。1つの画面を囲んでゲームをやるのも楽しかったのですが、モバイルの自由さは全く別の良さがあったように記憶しています。

そんなモバイルの原体験たるゲームボーイが、現在花開いたモバイル文化で楽しめるとよいな、と思いますし、任天堂にも、ゲームの楽しさ、コンテンツの強さを生かした「スマホでのゲーム体験」の再提案を、期待しています。そして、これらとは完全に差別化できる、未来のゲームを生み出すことに、更なる期待を寄せたいと思います。

『モンスターハンター4G』発売5日で200万本出荷、シリーズ累計3,100万本に [ゲーム]

10月11日にカプコンより発売されたニンテンドー3DS向けゲーム

モンスターハンター4G』が、発売5日で200万本出荷したことが明らかになった。

(ダウンロードカードおよびNintendo eShopでのダウンロード版販売実績を含む)


『モンスターハンター4G』.JPG


「モンスターハンター」シリーズは、

雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームで、

「友人と協力して強大なモンスターに挑む」

という通信協力プレイが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、

社会現象に。2004年に家庭用ゲームで第1作を発売し、

今回の『モンスターハンター4G』を含めてシリーズ累計販売本数は3,100万本(10月15日時点)を記録している。

『モンスターハンター4G』は、出荷本数410万本を達成した『モンスターハンター4』の続編となり、世界観やゲーム性はそのままに、新モンスターの登場など、さまざまな要素を追加。前回のセーブデータをほぼ引き継ぎ可能とすることによって、新規ユーザーのみならず従来のシリーズファンからも支持を得たことや、事前体験イベント「狩ーリバル」の開催、フィギュアスケートのオリンピック金メダリストの羽生結弦を起用したテレビCM放映などから大ヒットに繋がった。

今後も、「街コン」を主催するリンクバルとの連携による「狩りコン ~MH4G で一狩りいこうぜ~」を10月から全国5都市で実施するほか、ハンターの祭典「モンスターハンターフェスタ'15」を2015年1月から開催する予定。


出典YAHOONEWS

<妖怪ウォッチ>最新ゲーム「真打」12月13日発売へ コロコロで発表 [ゲーム]

人気ゲーム「妖怪ウォッチ」シリーズの最新作となる

ニンテンドー3DS用ソフト「妖怪ウォッチ2 真打(しんうち)」が12月13日に発売されることが、

15日発売の「月刊コロコロコミック」(小学館)11月号で明らかになった。

7月に発売された「妖怪ウォッチ2」の「元祖」と「本家」に続く第3弾となる。価格は4968円。


<妖怪ウォッチ>最新ゲーム「真打」12月13日発売へ コロコロで発表.JPG


 「妖怪ウォッチ2 真打」は、新妖怪「ダークニャン」が登場するなどの追加要素を入れており、

「元祖」と「本家」からのデータ引き継ぎもできる。

またパッケージ版とダウンロード版では違う妖怪が出現する。

コロコロコミックでは、メダル3枚を有償でプレゼントするサービスを実施する。

 「妖怪ウォッチ」シリーズは、「イナズマイレブン」や「レイトン教授」シリーズなどを手がけた

レベルファイブ福岡市中央区)が開発したゲームで、

不思議な時計を手に入れた少年が、日常に潜む妖怪と仲間になって、

さまざまな問題を解決していく……という内容。

マンガを連載している「コロコロコミック」の部数を押し上げており、9月号の同誌発行部数が100万部を突破するなど人気を博している。

出典YAHOONEWS

妖怪 ウォッチで 裏ワザ! [ゲーム]

社会現象となっている

妖怪ウォッチ

ゲームでは

やはり裏ワザがあるそうです

1476人が役に立った!と言っている



『ガシャでSレア妖怪を手に入れる方法』


『神けいけんち玉、楽々入手法』

等など


プレイヤーとしては気になる技ばかりです!


出典 ワザップ!! 裏ワザ 妖怪ウォッチ.JPG

ゲーム ブログトップ
キャッシング インターネット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。